未元雑記

メモ用紙

コメント欄ブロガーMasatakaとの対話 〜新たなブログ活動〜

他人のコメント欄でブログを綴る男、Masataka。

今までにない、新たなブログの在り方が彼によって開拓されるかもしれない。

コメント欄ブログとは、以下のように他人のブログのコメント欄に自分の日記を綴るというもの。(画像はカミキノハラ氏のブログより)

 

f:id:M_kage_0:20161224200600p:plain

 

貧弱なオタクだ...。

一体どんな思いでこのような意味不明な行為をするに至ったのか?

今回私は、Masataka本人とコンタクトを取ることができた。

 

 

本日はよろしくお願いします。

 

Masataka「よろしくおねがいします。ウンチーコングって知ってますか?」

 

知りません。

コメント欄ブログを始めたきっかけは何でしょうか?

 

Masataka「新しいことへの挑戦ということで今回はコメント欄ブログを始めてみました。」

 

今まで個人のブログを開設していないのですから、コメント欄でなくても個人で開設すればよかったのではと思うのですがあえてそうしなかった理由とは何でしょうか?

 

Masataka「自分でブログを開設してしまうと更新する記事の内容がどうしても見てもらうための記事になってしまうと考えたんですよね。そうなってしまうと書きたいことを書くのではなく面白いことを書こうとしてしまうのでは、と考えてコメント欄で始めたのです。」

 

(日記帳にでもつけてろよ…。

それはtwitterとどのように差別化を図っているのでしょうか?

 

Masataka「twitterもブログと同じく誰かに見てもらったりふぁぼ、RTを稼ぐ目的のツイートが混じってしまうんですよね。コメント欄ブログの最大の利点がここなんですよ。コメント欄ブログにはいいねも閲覧数も無いため記事全てが日記のような内容にできるんです。

 

一部では荒らし行為ではないかとの指摘もありますがその点についてはどうお考えですか?

 

 Masataka「【コメント欄ブログ】という存在がまだ世間に認知されていないがための勘違いだと捉えています。このような勘違いが出ないよう一刻も早くコメント欄ブログを普及させたいですね。」

 

本日はインタビューにご協力くださりありがとうございました。今回の内容を後日記事にしたいと思いますので是非ご覧ください。コメント欄ブログの第一人者としてのご活躍を期待しております。(してない)

 

Masataka「ありがとうございました。ここだけの話なのですが、『メカゲオ』という方のブログのコメント欄でもブログを始めようと思っているんですよね。笑

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

他人のコメントでブログを書く…一見すると荒らし行為にも見えますが、見方を変えればコメントのつかないブログにコメントをもたらし、そのブログを活気づかせる行為とも取れます。これによってブログを継続させる人が増えるといいですね。

次に彼が現れるのはあなたのブログかもしれない。

 

ここまでお読みくださりありがとうございました。次回の記事をお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS:コメント承認制にしました