未元雑記

メモ用紙

原稿と原文

英語の授業で使ったスピーチの原稿と原文を置いておく。

【原稿】

I like a thunder. When I was child, I was afraid it. But now, it’s conferrable for me. Today, I’ll talk a thunder.

 

A thunder’s origin is a rice plant. This meaning is a thunder have conceives a rice plant because of it occurs in the harvest seasons . It’s a crazy thinking!

 

A thunder is occurred by expansion of the air. Collision of particles charges electric. By and by, be full with electric in the cloud and they seeks a path. It’s a lightning bolt. When this occurred, the air’s temperature rises between twenty thousands and thirty thousands. This is what it really is.

 

By the way, the air is an insulation.  Nevertheless, why a lightning bolt ignores the air? This phenomenon is called “breakdown”. Generally, this phenomenon is occurred the huge difference of electrical potential.

Well, how much a lightning bolt has energy? If we can use all electrical energy in a cloud, for example, we could use air-conditioner for 10 days. It’s all very well in theory, but it won’t work out in practical because Jouls’s calculation requests a time. A lightning bolt is momentary. Even though it occurs a moment, if it has huge energy, it doesn’t make sense. For this reason, we can’t use a lightning bolt’s energy.

 

Do you know the reason it’s dangerous nearby a tree when a lightning bolt occurred? One reason is when a lightning bolt is struck a tree, it comes to myself! This is called “sogugekirai”. This occurs by difference voltage between an object and another object. Another reason is shock wave. The air expands and explosion by a lightning. There’s possibility that you’re blowed away by shock wave.

 

Have you heard a superstition when it thunders, you hide your navel because a thunder steel your navel? This has two means. One is to prevent from having a cold.  When it’s raining, the temperature down. Down the temperature, your belly is cold. As a result, you have a cold. Another reason is avoiding a lightning bolt. Hiding your navel makes your position lower. This position is a method to avoid in the open. For these reasons, it came to be called a thunder steel your navel.

 

What did you think from this presentation? If everyone was able to deepen your knowledge more, I’m so happy. Thank you.

 

【原文】

私は雷鳴が好きだ。子どもの頃こそ、その音に恐怖を覚えていたが、今となっては気分を落ち着けてくれる心地よい音だ。何も予定のない休日の朝、雨の音とともに雷鳴まで聞こえてきたらいうことはない。再び眠りにつくだろう。

 

今回は雷についてお話ししようと思う。

 

雷の由来は稲が実る時期に雷が鳴ることが多く、雷が稲を孕ませているのではないかという超発想で稲の妻(夫)と書いて稲妻と言われるようになったという。

 

雷鳴は、雲の中で粒子が衝突し合うことによって溜められた電気が溢れ、大気中に放出された時に膨大な熱で持って大気を震わせることで発生する。ソニックブームと同じ原理だ。さて、通常空気は絶縁体だが、なぜその空気を通して雷は地上に落ちてくるのだろうか?これは絶縁破壊という現象で、2つの電圧の差があまりにも大きくなると発生すると言われている。

 

絶縁破壊を起こすほどの雷。一体どれくらいのエネルギーを秘めているのだろうか?中には知っている人もいるかもしれないが、意外と少なく1.5GJほどしかないと言われている。これは落雷の時間が非常に瞬間的なところに原因がある。ジュールの計算式は時間も式に含まれているため、一瞬で終了してしまうといかに膨大なエネルギーを持っていようが結果的には小さな数字になってしまう。これが雷のエネルギー利用は現実的ではないと言われる最大の理由である。

 

雷が発生している時、木の下にいると危ないと言われている理由をご存知だろうか?一つは樹木に雷が落ちた時、生じた電圧差によって近くの物体に再放電する側撃雷の危険はご存知だろう。だが、それ以外にも理由はある。衝撃波だ。雷によって空気は一瞬のうちに何万度という温度に達する。その際に空気が膨張、爆発し、衝撃波が発生する。この衝撃波によって吹き飛ばされる危険があるのだ。

 

子供の頃、雷が鳴ると「ヘソを取られる」という迷信を親から聞いたことはあるだろうか?あれの元ネタは何かというと、雨が降ると気温が下がるため、腹を出していると風邪をひくから腹を温めろという意味だそうだ。他にも理由はあるようで、ヘソを隠す体制をとると、体は自然と丸くなる。丸くなると姿勢は低くなる。これは屋外での雷の回避法でもある。そのため、被雷する=ヘソを取られるとか、風邪をひく=ヘソを取られるという意味合いになったのだろう。

 

今回の話を聞いて皆さんはどう感じただろうか?皆さんの知識が深まったのならば幸いだ。